Research & Consulting

Research & Consulting

Research & Consulting

Corporate Design(コーポレートデザイン)の業務は、会社業績向上への期待に沿う、意味のある本質的なデザインを提供するサービスです。
会社が発信するものをデザインによって、より価値の高いものにし、業績向上へとつなげる企業経営サポートです。

1

統一性が生む業績向上

会社業績向上の策として、マーケティング策、営業力向上策や商品力アップ策などがあげられ、対策手法として様々なメディア(DM、チラシやパンフレットなど)によるCM展開や商品自体に対策を施すなど、数多くの手法があります。

しかし、どのような手法であっても人が目にするものには「統一性ある見せ方」が必要です。断片的でまとまりの無い見せ方では効果も薄れてしまうからです。人は五感で情報を受け取っていますが、そのうちの8割以上は視覚によるものです。統一性があり整理された情報は人にとって受け入れられやすいものです。そして、そのように受け入れられたものは価値ある情報となり、業績を向上させるブランド力となります。

私たちのコーポレートデザイン事業は、統一性ある見せ方を提供することでブランド力を強化し、業績向上へと繋げる企業経営サポート事業です。

2

なぜ顔が必要か?

人とのコミュニケーションにお互いの顔を合わせることが大切なように、会社が社会と向き合う際にも明確な顔を持ち、見せることが大切です。顔は内面(内容)が反映していると考えられ、その顔のイメージが良ければ人の記憶に残ります。そこには数多く存在するライバル会社との差異を生み、社会との強い信頼関係を生むメリットがあります。
そして、この顔が様々なマーケティングツールに入ることで、統一性ある見せ方をつくり、業績向上への有効な手法として活用できるのです。

同業他社が多く
競争が激しい中で
強い企業像を
作りたい。

企業の魅力や
メッセージを、
デザインを通して
伝えたい。

現状のシンボルに
満足していないので、
なんとかしたい。

お問い合わせはこちら

提供サービスについてはMENU Aをご覧ください。

3

統一性あるマーケティング支援ツール

シンボルがあっても、それだけでは機能しません。ビジネスツールの神器といわれる名刺、封筒やレターヘッド、そして会社案内、DMやチラシなどのマーケティングツールと組み合わさることで有効なツールとして機能します。

 

また、ただ組み合わせればいい、というわけでなく統一性を意識した組み合わせが必要となります。統一性を持つそれぞれのツールが合わさることで更に強い組織像が現れます。このような対策がブランド力となり、業績を向上させていくのです。

シンボルマーク
などはあるが、
うまく活かされて
いない。

もっとカッコいい
ものにしたい。

デザインを使った
運用方法が
分からない。

お問い合わせはこちら

提供サービスについてはMENU Bをご覧ください。

当社には、営業担当者はおりません。
皆様からのお問合せに対応する形からスタートさせていただきます。

CONTACT

CONTACT